医学・病気の日本一 一覧 

トップページ戻る 医学・病気   75 件中 1- 10 件目 (0.04 秒)

医療事故、過去最多

2017年に報告された医療事故の件数は、前年より213件多い計4095件で、報告が始まった05年以降、過去最多だったことがわかった。全国1049医療機関の集計。事故情報の収集を行っている公益財団法人...

医学・病気

犬・猫からの感染症で死亡、国内初

人獣共通感染症「コリネバクテリウム・ウルセランス感染症」による死者が国内で初めて確認されていたことが2018年1月14日、分かった。家畜やペットの動物が持つ「コリネバクテリウム・ウルセラン...

医学・病気

iPS細胞応用の薬 初の治験

iPS細胞(人工多能性幹細胞)を活用した研究で見つかった難病治療薬の初の治験が2017年10月5日、京都大病院(京都市左京区)で本格的に始まった。対象疾患は筋肉や腱などの組織に骨ができる難病...

医学・病気

初の他人のiPS移植

理化学研究所と神戸市立医療センター中央市民病院などのチームは2017年3月28日、他人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から網膜細胞を作り、目の難病患者に移植する世界初の手術を実施したと発表し...

医学・病気

日本人の平均寿命、過去最高

2015年の日本人の平均寿命は男性が80.75歳、女性は86.99歳となり、過去最高を更新した。厚生労働省が2017年3月1日に発表した「完全生命表」で確定した。5年に1度行われる国勢調査に合わせた調査...

医学・病気

ダニ媒介脳炎で国内初の死亡例

北海道は2016年8月16日、マダニにかまれて発症するウイルス感染症「ダニ媒介脳炎」で入院していた道内の40歳代男性が死亡したと明らかにした。同脳炎による死亡例は国内で初めて。男性は同年7月...

医学・病気

iPSから視神経細胞、初成功

目から脳に視覚情報を伝える神経線維を持つ視神経細胞を、人間の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作ることに世界で初めて成功したと、国立成育医療研究センターなどのチームが2015年2月10日、英...

医学・病気

初のiPS臨床研究手術を実施

人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使って目の難病治療を目指す理化学研究所などのチームは2014年9月12日、iPS細胞から作った網膜細胞を患者に移植する手術を先端医療センター病院(神戸市)で...

医学・病気

iPS臨床研究、初の申請

理化学研究所(野依良治理事長)は2013年2月28日、体のあらゆる細胞になる力を持つ人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使い、視力が低下する難病「加齢黄斑変性」の臨床研究を行う計画を厚生労働省に...

医学・病気

日本初「卵子バンク」事業

不妊治療を行う医師や患者会関係者らが2013年1月14日、東京都内で記者会見を開き、民間団体「OD―NET」(岸本佐智子代表、本部神戸市)を設立し、早発閉経などで卵子がない女性に卵子をあっせん...

医学・病気


スポンサーリンク

e-物件情報

不動産の個人売買は誰でも掲載できるネット広告、e-物件情報で。
www.e-bukken.co.jp