医学・病気の日本一 一覧 

トップページ戻る 医学・病気   75 件中 11- 20 件目 (0.04 秒)

幼児で初の脳死判定

富山大学附属病院で治療を受けていた6歳未満の男の子が2012年6月14日、脳死と判定された。判定の基準がより厳しい6歳未満で脳死と判定されたのは初。日本臓器移植ネットワークによると、脳死と判...

医学・病気

iPS細胞から作製した精子から初めてマウス誕生

京都大学の斎藤通紀教授(発生生物学)らのグループが、マウスの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から精子を作ったうえで卵子に注入(顕微授精)し、正常なマウスの子を誕生させることに世界で初...

医学・病気

エイズ患者数過去最多

厚生労働省は2011年5月23日、2010年に新たに報告されたエイズ患者は469人で、過去最多となったと発表した。いずれもエイズウイルス(HIV)感染の段階で気付かず、発症で初めて判明した。患者のう...

医学・病気

15歳未満から初の脳死判定、臓器摘出

日本臓器移植ネットワークは2011年4月12日、関東甲信越の病院に交通事故で入院中の10歳以上15歳未満の少年が同日午前7時37分、改正臓器移植法に基づいて脳死と判定されたと発表した。大阪大病院...

医学・病気

国内初の認知症貼り薬を承認

厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品第1部会は2011年2月21日、国内初の貼付剤タイプのアルツハイマー型認知症治療薬(成分名リバスチグミン)について、製造販売を承認しても差し支えないと...

医学・病気

核排除卵子からクローン成功

マウスの卵子から遺伝情報を含む核を取り除いて凍結保存し、解凍後、別のマウスの体細胞の核を移植してクローンマウスを誕生させることに初めて成功したと、山梨大医学部と理化学研究所発生・再...

医学・病気

改正臓器移植法が初適用

関東地方の病院に交通事故で入院した20代男性が2010年8月9日、脳死と判定され、改正臓器移植法に基づく初の脳死からの臓器移植が8月10日、全国の5医療機関で行われた。臓器提供者(ドナー)の男...

医学・病気

脂肪溶かすたんぱく質発見

脂肪細胞内で中性脂肪の塊を溶かすたんぱく質を、東京大の宮崎徹教授らの共同研究グループが発見し、2010年6月9日付の米科学誌セル・メタボリズムに発表した。副作用の少ない新たな抗肥満薬の候...

医学・病気

日本初、二つの補助人工心臓埋め込みに成功

大阪大医学部付属病院(大阪府吹田市)は2010年5月18日、心臓移植待機中の30代女性の体内に、二つの補助人工心臓を埋め込む手術に成功したと発表した。左右の心室の働きをそれぞれ別の人工心臓で...

医学・病気

新型インフルエンザで国内初の死者

沖縄県は2009年8月15日、新型インフルエンザに感染した宜野湾市の男性(57)が同日朝、入院先の沖縄市内の病院で死亡したと発表した。男性は慢性腎不全で人工透析を受けており、心筋梗塞(こうそ...

医学・病気


スポンサーリンク

e-物件情報

不動産の個人売買は誰でも掲載できるネット広告、e-物件情報で。
www.e-bukken.co.jp